半田付け不要の基板【ビスケットボード】

Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0Share on Google+0

メイン

CAMPFIREで支援の募集が始まりました!

[Link]

ここではビスケットボードの動画説明や、支援者様へのより分かりやすい情報提示を行っていきます。

リード線を挿した場合、500mlのペットボトルくらいは軽く持ち上げます!

—–

4コマ

ハンダ付けはハンダごてを熱したり、ハンダを溶かしたり、煙が出たり、火傷したり、間違えたときに大変だったり・・・何かとハードルが高いですよね!

でもビスケットボードなら、挿すだけで簡単に回路が組めるし、ケーキボードと組み合わせれば穴配列が同じなので間違える事も激減です!もし間違えたとしてもパーツを抜いて挿しなおす事が出来ます。

ビスケットボードは同じ穴に何度も抜き差しする事は推奨できないのですが、やってできない事もありません、というか基本的に数回抜き差しするくらいは大丈夫です。

ただ提供元としては「保障は出来ないので自己責任でお願いします!」と言わざるを得ないのです。

—–

挿せる物挿せない物

基本的に一般的なパーツはほとんどが挿入可能です!

ICの足は薄い板状ですが、板状であれば厚みが0.3mm以下でも問題なく挿す事が出来ます。

通常のピンヘッダは幅0.64程の角棒で挿す事は出来ますが、細ピンヘッダの方が挿し心地など使い勝手は良いです。

—–

メイン - コピー

穴の配置を変更しました!

電源ラインに開いていた間隔を無くし、穴を開けました。

これでより便利になったと思います!

—–

その他にも、随時動画などを追加していきます!

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.