貫通ブレッドボード(透明版プロトタイプ)

Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0Share on Google+0

ブレッドボード上に回路をきれいに作ろうと思うと、電子部品の長いリード線を適度な長さにカットして使うことが多いです。長いリード線のある部品は、たとえば、抵抗器やLED、コンデンサなどです。このリード線をカットする手間は案外馬鹿にならないのでは無いでしょうか。

そこで、この時間を短縮するための、貫通タイプのブレッドボードを作りました。

表面から見ると通常のブレッドボードと同じです。

透明版1ブロック表全体像

裏面は両面テープではなく、プラ板でできています。

透明版1ブロック裏全体像

裏面には穴が開いています。

透明版1ブロック裏の穴アップ

表面から貫通しています。

透明版1ブロック_穴の貫通している様子

使い方は、もうお分かりですよね。部品をさしてから最後に裏側にはみ出たリード線をカットします。ではやってみます。

透明版1ブロック_部品が貫通している様子

こんな風にさして、

透明版1ブロック_リード線をカットしている様子

裏からニッパーでカットします。リード線をカットするときに、いちいち部品を抜かなくて良いので、少し手間が省けた気がします。

透明版1ブロック_部品のリードがなくなった様子側面

リード線の断面のアップ

断面はこんな感じです。

使い方のコツ

当たり前なんですが、よれよれのリード線になってしまっている部品は、まっすぐ刺さらないので、うまく貫通しません。指でしごいてできるだけまっすぐにするか、通常のブレッドボードの場合と同じように、先にリードを切ってからさすことになります。

よれよれのコンデンサのリード線の様子

まっすぐなリードも、同時に何箇所かさすと難しい場合があるので、一個ずつ、このように順番に差してゆくのがよさそうです。

抵抗器のさし方1

まず片方を貫通させて、

抵抗器のさし方2

次に、もう一方を、先のほうを曲げないように気をつけながら挿します。このとき、初めに挿したほうが抜けてしまわないように気をつけます。

抵抗器のさし方3

最後に両方を押し付けておくまで挿します。

次は、実際にどれだけ組立時間が短縮されるか、やってみます。

Post Comment