[Sparkfun] Peachesで”Peaches”を演奏

Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0Share on Google+0

なんとも”sweet”なプロジェクト!

僕らは静電容量方式タッチ・センサを用いた”キーボード”の類いのようなデバイスの大ファンだーそれ故にMaKey MaKeyにも夢中になる。

そんなわけで、この素晴らしいプロジェクトはSparkFunの本社中で大ウケしてるんだ!

Jan Willem氏とAndrew Huang氏が生み出した、桃とArduino、静電容量方式タッチ・センサを用いて、Presidents of the United States of Americaによる古いヒット曲“Peaches” を演奏するというものだ。

まず最初に、この楽器の背景にある技術についてチェックしていこう!

更に全てのアクションをチェックしてみよう!

ただひとつ、楽器よりも印象的なものがあるとしたらそれは彼らの演奏技術だね。素晴らしい!
今あの曲が頭から離れないよ…movin’ to the country…gonna eat a lot of peaches…moving to the country… ♪ ♫ ♪


この記事の原文はこちら

https://www.sparkfun.com/news/1686

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.