[Sparkfun] Robotics 101 – Actoboticsに挑戦

Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0Share on Google+0

僕たちが各々挑戦した腕試し、結果は様々に。

今日のRobotics 101では、Actoboticsで僕たちのラピッドプロトタイピングの腕試しに挑戦してみたよ!

内容は、ピンポン玉を8フィート先のコップの中に入れることができるロボット・デバイスを、SparkFunの3人が Actobotics lineのパーツのみを使って1時間で各々製作するというものだ。

僕たち3人はそれぞれ全く違うアプローチをしたんだ。それではチェックしてみよう!

ご覧の通り、想像より難しかったよ。もし君だったらどんなものを作る?

是非下のコメント欄で僕たちに教えて欲しいな。ロボットやデバイスを設計・組み立てて動かすタイムリミットはたった1時間しかないことをお忘れなく!

そして12月1日、僕たちActobotics lineの製品が20%オフになるサイバーマンデーについても忘れないように。サイバーマンデーの詳細についてもっと知りたかったら、ここを見てね!


この記事の原文はこちら

https://www.sparkfun.com/news/1660

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.