[sparkfun]ワークベンチ製作の冒険pt2(三角形の素晴らしさ)

Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0Share on Google+0

電子工作ベンチのデザインを紹介するよ!

今年の初めにワークベンチ製作について書きましたが、残念ながら安定性に関して問題がありました。
部屋の四隅に固定しないとグラグラしてしまうのです、しかしコメントやSFUptownMakerとの会話から三角形を見出したのです。

ご存知の通り三角形はもっとも安定した図形の一つです。
一方四角形は下の図のように簡単に形を崩しやすい、しかし三角形であれば辺の長さが変化しないように、形が変化することはありません。

This is why triangles are good

第一号ワークデスクでは脚と脚を繋ぐ梁が四角形の形をしていたために、接合部にボルトを2つはめてもグラグラしてしまいました、四角形を三角形にしなくてはならなかったのです。

オフィスの引っ越しのときにそのチャンスは訪れました。この三角形理論を試すときが・・・。
ただ単に対角線をつくってやればいいのですが、木工技術を覚えたい私はlap jointsをつかうことにしました、ただそんなに難しいことではなく単に梁を裏に回すだけなのですが。

SketchUp of desk

私はノコギリではうまく切れないので、SFUptownMakerが特殊なノコギリをかしてくれました!ありがとう!適材適所とはこのこと!

Desk 2.0 in progress

デスクを私の場所に戻してから前のようにステインと保護のポリウレタンを施しました。

余談ですが、Minwax’s “Goalden oak”というステインを試しましたが、初めに使った”Golden pecan”のほうが私は好みです。

数日後新しいオフィスにデスクを設置しました。

My electonics workbench all set up

Desk 2.0は初期の机よりだいぶ安定しています!もしデザインに興味があったらここにアクセスしてみてください。


記事の原文はこちら
https://www.sparkfun.com/news/1658

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.