[Sparkfun] 21世紀もバービーはいつも女の子

Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0Share on Google+0

バービー、あなたのやっている事って時代が変わっても全然変わらない

も子どもの頃はバービー人形で遊んでた。

バービー人形って女の子には特別な存在よね。

昨日たまたまバービーの新しい本に関する記事を見つけたから紹介するわ。

このストーリーでは、バービーがコンピューターエンジニアを目指してプログラムを勉強してたの!と思ったけどどうやら少し違うみたい。(笑)

実はバービーがゲームをデザインをするんだけど、男の子の友達の力を借りずには完成しないってお話。

しかも、途中で彼女のコンピューター(彼女の妹のも)がウィルスに感染しちゃって、コンピューターサイエンス科の先生に直してもらう様にお願いするの。

ただ、本当はバービーも直し方を知ってるんだけど、”男の子にお願いする”のがいつも何かと早いから、と言う事で男子にやらせちゃうの。

barbie

ん〜、なんて言うかちょっと時代遅れすぎて呆れちゃう・・・

がエンジニアリングのフィールドに行こうと思った時、反対意見も無かったけど賛成意見も無かった。

SparkFunに入ってからもプログラムを書いてみたいって思う様になった。

今まで上手くいかなくてイライラする事やすごく苦労する事もあったけど、それでもやっぱりエレクトロニクスは引き続き学んで行きたい。

このバービーのお話には、今まで見てきたどのコードよりもイライラしちゃった。

プログラムの書き方を学んでいる女子として、このストーリーはちょっと頭に来たわ。

バービーを使って、女の子にプログラムは出来ないって暗に示してるの。

女子は男子の助け無しにはタフな仕事は出来ないけど、完成したら功績だけは持ってっちゃうって。

どうしてバービーは自分でゲームのコードを書かなかったのかしら?

どうしてバービーは自分でコンピューターを直さなかったのかしら?

彼女にも知識はあったのにね・・・

このストーリーは、女の子がエンジニアリングの世界に踏み出す手助けが出来た可能性を秘めていたと思うの。

でも、結果は無惨に失敗しているとしか言えない。

バービーのおかげで、は、Grace Hopperからコードの魅力を学ぼうと思ったわ。

早く進行中のプロジェクトに取りかからないと。


この記事の原文はこちら

https://www.sparkfun.com/news/1654

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.