[Sparkfun] 電子工作プロジェクト用エンクロージャー

Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0Share on Google+0

電子工作プロジェクト用エンクロージャーの探し方

最近新しいプロジェクトを思いついた。

Brian EnoのOblique Strategiesカードを持っている。

それぞれのカードには、創造力をかき立てるメッセージが綴られている。

クリエイティブな作業に行き詰まった時に手に取ってみると、ラテラルシンキングを促し脳を刺激してくれる。

例えば、

oblique-strategies”繰り返し”とは変化の一部である

のアイデアは、このカードを同僚達とシェアする事だった。

彼らがクリエイティブの壁に当たった時に見て欲しいと思った訳だ。

機能的言うと、このプロジェクトはごく単純だろう。

ユーザーがボタンを押し、カードに綴られた素敵なメッセージを受け取る。

一連の機構を収めるかつ、一目を惹くエンクロージャーを思いつくためのインスピレーションが必要だと思った。

メッセージが、懐かしの占い師ゾルターに手渡されたとしたらどう思うだろうか?

カードをもらうためにゲームをやらなければならないとしたら?

他の人にとっては新鮮かもしれないが、にとっては良くある悩みが生まれてきた。

プロジェクトを思いついた時、それを何に入れるだろうか?

zoltar

今まで見てきた多くのプロジェクトは機能的で、ユビキタスなplastic project enclosureにインストールされている。

enclosure_red

プロジェクトのメインフォーカスが機能であれば、もちろんこれで十分だろう。

しかし、形が重要であった場合、機能的プロジェクトとピースオブアートではエンクロージャーは違った物となるだろう。

奇抜な、斬新なエンクロージャーを見つける過程で、多くのインスピレーションを受ける事が多々ある。

と言うわけで今回は、そんなインスピレーションを与えてくれるソースやアイデアをシェアして、皆にもインスピレーションを受けてもらえたらと思う。


Thrift Store(スリフトストアー=中古品屋)

thrift_store

がスリフトストアーに行く時は、エンクロージャーに向いてるモノは無いかと常に目を光らせている。

動物の人形、古いステレオ機材、ちょっとしたかご、その他言ってしまえば何でもだ。

中に何かを収めるスペースがあればそれだけでエンクロージャーになると言うわけだ。

スリフトストアーは、安価で面白いエンクロージャーになり得るアンティークやがらくたの宝庫だと言える。

は良く、何のプロジェクトの案も無いのにエンクロージャーになりそうなモノを購入したりして、逆にエンクロージャーになりそうなモノからプロジェクトのアイデアをもらったりする。


Army Surplus(軍用備品店)

ammo_can

軍隊と言うものは決まって大量の容器を持っているものだ。

大量過ぎて備品店の品揃えが、安く頑丈でユニークなプロジェクト用エンクロージャーで埋め尽くされる程だ。

薬莢入れ、水筒、備品入れ等は素晴らしいエンクロージャーになるだろう。

更に、これらの容器は元々過酷な環境を耐えられる様に設計されているため、壊れる事の無いエンクロージャーを作る事も可能となる。

頑丈なモノを作りたいと思ったら、まずは軍用備品店に行く事にしている。


IKEA

snika

おそらく、IKEAは奇妙な名前の付いた安価な家具で有名だろう。

と同時に、IKEAは奇妙な名前の付いた安価なボックスとケースも売っている。

そして、そんなケースやボックスは概して容易に変形出来る素材で出来てる。

とにかく早くエンクロージャーを調達したい時に一番先に来るのがIKEAだ。

IKEAであればプラスチックのエンクロージャーの代わりになるモノがたくさん見つかるうえに、よりスタイリッシュでユニークな見た目になるのも良い。


eBay

今更言う必要も無いかもしれないが、eBayにてクリエイティブな掘り出し物探しをすると必ず奇妙で面白いエンクロージャーを見つける事が出来る。

はいつも、まず探しているもの(例えばボックスや容器)で検索して、それからもう少し詳しく(例えばヴィンテージ、アンティーク、更には醜いなんかも)指定して検索結果をより面白いもにしていく。

ugly_enclosure醜いで検索して初めに出て来たボックス

他にも面白い探し方として、改造・分解する事でエンクロージャーを取得出来る物を見つける方法がある。

古いガイガーカウンター、コイン方式の機械等、ヴィンテージの機械はどれも、独特のスタイルを醸し出すには最適な面白いエンクロージャーを備えているものだ。

geiger

良いエンクロージャーはプロジェクトの完成度を左右する。

エンクロージャーは、ユーザーが機能にアクセスするためのインターフェースなのだ。

また、エンクロージャー次第でプロジェクトの印象を怖いものや面白そうなものにも変える事が出来る。

機能的なデバイスなのか、はたまたアートな作品なのか、これもエンクロージャーひとつで変わると言えるだろう。

みんなはどこでエンクロージャーを見つけているかな?

みんなのお気に入りのエンクロージャーはどんなものかな?


この記事の原文はこちら

https://www.sparkfun.com/news/1640

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.