ブレッドボード用カバー

Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0Share on Google+0

部品のリード線を長いままにしておいたり、ジャンプワイヤを使ったりなどして、ブレッドボード上の回路を仮で組んでいるときに、うっかり触ってショートしてしまったり、部品が抜けてしまったりすること、、たまにあると思います。

そんな事故を防ぐためのブレッドボード用カバーを作りました。

BBM_bc_斜め前より、曲がってないバージョンのやつ

折りたたまれた状態で売っているような製品を沢山作って用意したいと思っています。

BBM_bc_組み立て前黒背景BBM_bc_組み立て後空っぽ黒背景

よくあるブレッドボードにぴったりの寸法ですので、ある程度、きゅっとはまってブレッドボードがぐらつきません。上のほうがふたになっていて、あけてまた回路をいじったりすることも出来ます。

BBM_bc_ふたをあけたところ斜めからBBM_bc_ふたをあけたところ斜めからケースだけ

こちらの記事でご紹介しているように、ブレッドボードはいくつかのメーカーから出ていて、寸法がシリーズごとにばらばらです。この中でも割とメジャーなEIC-801について、まずは用意しました。今後いくつかのサイズで用意したいと思います。

今用意しているバージョンを底から見たところです。ぴったり隙間の無い大きさです。

BBM_tlm_シャッター部分底面ケース入り

厚み方向は、他の記事でご紹介している貫通ブレッドボードを2個用いた2層ブレッドボードに丁度良い大きさにしています。

BBM_tlm_シャッター部分側面ケース入り

取り付ける部品の高さによっては、あまり高さの高いものだと入りきらなかったりしますが、かといってケースの厚みを厚くしても今度は、露出させたいスイッチやつまみなどへ手が届かなくなります。(つまみを露出させて使うというのはたとえば下の写真のような使い方のことです。ここでは青い半固定抵抗のつまみをケースの外側に露出させて使っています。)

BBM_bc_つまみを露出させているところ

そういったわけですので、このケースはざっくり中庸の厚みで作っていまして、使う側で少し工夫して使っていただきたいと思っています。その工夫とは、次にご説明するように、ブレッドボードに足を設置して、箱の中で突っ張るようにして固定するという工夫です。

BBM_bc_少し上下方向に厚みが足りない

こんな風にケースに入れたところ、USB mini Bのコネクタの上のあたりに少し隙間があったり、青い半固定抵抗がケースの中に埋もれていたりしています。こういったときに、

BBM_bc_足の部品

このような部品を底面のブレッドボードに指して、足を作ります。

BBM_bc_足の部品を刺した後の底面真正面

いくつか刺しています。これで少しだけ(わかりにくいですが)改善しています。

BBM_bc_少し上下方向に厚みを補填してみた

厚み方向の調整のTipsはこんな感じです。

このケースはカッターで切れる簡単なものなので、USBケーブルを刺す穴を開けたり、センサを取り付ける穴や、ボリュームやスイッチを触るための穴をあけるにはこのように、

BBM_bc_ペンで穴を開ける箇所をマーキング

ペンでしるしをつけて、カッターやはさみで切るのが良いかなと思います。ほかに使い方のコツとしては、このケースはぴちぴちのサイズなので、ブレッドボードが取り出しにくいわけですが、そのときは底の中央付近を押し込んで取り出すと良いと思います。

BBM_bc_底面を押して取り出す

以上です!

Post Comment