[Sparkfun]リフローはんだ付け装置売り出し中!

Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0Share on Google+0

SparkFunでは、$2,000の破格で中古のリフローはんだ付け装置を売りに出しています。

下の写真は、これまでSparkFunの歴史を作って来たリフローはんだ付け装置です。この度は、我々が2台目に購入したこの Manncorp SMT 460c Reflow Oven を手放そうとしています。

Oven_4_Sale-01

2011年初めに、我々が ”Gramps” を売りに出したのを覚えているだろうか?

Gramps は、Aniomagic という地元の会社が買い取ってくれました。(その後、我々彼らの製品を販売する事になったり)

Gramps は、我々が2台目の SMT 460c を購入するまで、とても良く頑張ってくれました。そしてこの SMT 460c も、数千にも及ぶSparkFun製の基板の制作を行ってきました。

SMT 460cは、2000年製、加熱ゾーンx3、鉛フリーはんだ付け対応のリフローはんだ付け装置です。

第3ゾーンは上下からの加熱式となっており、標準のコンベアと、基板を浮かす事が出来るピンコンベアも備えています。

Oven_4_Sale-02

このピンコンベアはとても便利で、両面はんだ付けの基板に最適です。これなら底面の部品が折れたり取れたりする心配もありません。また、チェーン部には、これまた便利な自動オイラーも付いています。

標準のコンベアは幅約18インチで、ピンコンベアは18からほぼ2インチまで幅を調整出来るので、様々な形やサイズの基板を制作出来る様になります。

全体の寸法は長さ13フィートx幅5フィートx高さ5フィート、電源は230V/70A3相、重量は約2400パウンドで、ユーザーマニュアル、データシート、メンテナンスインストラクション付きです。

Oven_4_Sale-04

共に歴史を作って来た相棒を手放すのは心苦しいですが、次のオーナーへ受け継ぐ時がやって来た様です。

$2,000で売り出しますが、よりリーズナブルな値段への交渉も受け付けます。

興味がある様でしたら是非、robert.hunke@sparkfun.com までeメールを下さい!

Craigslist(何でも掲示板)の広告もこちらからご覧になれます。

—–

この記事の原文はこちら

https://www.sparkfun.com/news/1567

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.